応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断」

応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断」
後輩くん

応用情報技術者の通信講座を検討していますが、どれがいいか分かりません。

各社の通信講座にはハッキリと特色があります。選ぶ基準が明確になれば意外と簡単に決まりますよ。

この記事では、4つの悩みからあなたにピッタリ合う通信講座を診断します。

この記事を書いた人
あび
あび
  • ITエンジニア歴24年(現役)
  • マネージャー兼システムアーキテクト
  • 国家資格 FE・SW・SA・PM 保有
  • 孫請けSES ⇒ SIer ⇒ 起業を目指し中
  • 輝くエンジニアを増やしたい

twitter : (@evolution_Avi)

目次

応用情報の通信講座おすすめ4選の概要と特徴

通信講座おすすめ4選の概要と特徴

まずは比較する前に、選択肢となる4つの通信講座の概要と特徴をサラッと押さえておきましょう。

スタディングの概要と特徴

はオンライン教材のみで、スキマ時間を有効に使い、問題演習と復習を繰り返し学習していくスタイルです。

代表的なコース/価格

コース名価格備考
合格コース43,800円
初学者コース49,500円合格コースにITパスポートコースが付属

提供サービス/キャンペーン有無

コンテンツ有無コンテンツ有無
動画Webテキスト
音声模試
教室参考書
質問学習フロー
合格祝いキャンペーン

特徴

参考書は付属していませんが、動画、Webテキスト、音声のオンラインコンテンツがあり、いつでも、どこでもスキマ時間を使ってスマホで学習できるサービスです。

また、学習フローに沿って学習するスタイルのため、計画ミスや非効率な順番で勉強することを避けられます。

資格の大原の概要と特徴

資格の大原は、映像通学とWeb通信の2種類があります。

  • 映像通学:講義を収録した映像を⼤原校内の個別視聴ブースにて視聴する
  • Web通信:インターネット環境があれば、いつでもどこでも、⼤原の講義が受講できる

自宅学習では習慣化できず継続できないという方は、学校に通うスタイルの映像通学がおすすめです。

代表的なコース/価格

コース名価格備考
総合本コース47,800円映像通学/Web通信
基本情報復習付き合格コース73,300円映像通学/Web通信

提供サービス/キャンペーン有無

コンテンツ有無コンテンツ有無
動画Webテキスト
音声模試
教室参考書
質問学習フロー
合格祝いキャンペーン

特徴

紙のテキストと映像のハイブリットで学習を進めていく形です。

フォロー体制が充実していることが特徴で、映像通学、Web通信どちらでも質問が可能です。

iTECの概要と特徴

緑の参考書で有名なiTEC

30年以上の歴史があり、問題集は累計20万部のベストセラー、企業への研修も行っており、IT資格分野では信頼性の高い企業です。

代表的なコース/価格

コース名価格備考
プラクティスコース18,700円公開模試なし
プラクティスコース25,190円公開模試あり
スタンダードコース30,800円
プレミアムコース37,400円基礎知識教材付き

提供サービス/キャンペーン有無

コンテンツ有無コンテンツ有無
動画Webテキスト
音声模試
教室参考書
質問学習フロー
合格祝いキャンペーン

特徴

参考書とeラーニングを中心に学習を進めていく形です。

独学の要素が強いですが、その分低価格が魅力です。

TACの概要と特徴

は模擬試験が有名で、IT企業での資格取得支援対策としてTAC社の模擬試験が採用されているケースをよく見ます。

長年培ったノウハウが詰まった教材と受験指導には定評があります。

代表的なコース/価格

コース名価格備考
本科生
A/B(Web通信)
87,000円DVDの場合
107,000円
本科生
A/B(教室)
92,000円
本科生
(Web通信)
113,000円DVDの場合
133,000円
本科生
(教室)
118,000円
本科生プラス
A/B(Web通信)
108,000円DVDの場合
129,000円
本科生プラス
A/B(教室)
113,000円
本科生プラス
(Web通信)
133,000円DVDの場合
153,000円
本科生プラス
(教室)
138,000円

提供サービス/キャンペーン有無

コンテンツ有無コンテンツ有無
動画Webテキスト
音声模試
教室参考書
質問学習フロー
合格祝いキャンペーン

特徴

TACはレベルに応じてコースが細分化されています。

受講料は高めですが、ベテラン講師の講義を受けられたり、質問ができたりとサポート体制が充実しています

悩み別応用情報技術者試験のおすすめの通信講座

悩み別応用情報技術者試験のおすすめの通信講座

それでは本題です。勉強する際の悩み別におすすめの通信講座を紹介していきます。

参考書の解説を見ても十分に理解できない

応用情報技術者試験は、IT人材としての応用知識が求められるため、基本情報技術者で求められる基礎知識は持っている前提となっています。

そのため、基本情報を飛ばして応用情報を受けようとしている方や、初めて受験する方は、そもそも参考書に出てくる用語や解説が理解できない場合があります。

そんな方におすすめするのが、基礎知識の講座もセットになっているサービスです。

は、合格コースの教材に加えて、ITパスポートコースが付属しています。応用情報の学習をしながら、理解できない用語や基礎から理解したい仕組みに出くわした場合に、ITパスポートコースを参照することができます。

iTECのプレミアムコースは、スタンダードコースの教材に、基礎知識(テクノロジ)の教材とテストが付属しています。

多少コストは上がりますが、理解できずに挫折するリスクが軽減できます。

独学が苦手で、勉強のしかたが分からない

後輩くん

独学で何回も挑戦しているけど、いつも挫折してしまうんです。

独学が苦手な方は、教室への通学を検討してみてください。

あなたは「今日はやる気が出ないから会社に行かない」となりますか?

ほとんどの方は、やる気がなくても会社に行って仕事をするはずです。

このように、強制力がはたらく環境を整えてしまえば挫折する確率も下がります。

は全国に40箇所以上の教室があり、映像通学コースでは独⽴した個別視聴ブースで集中して学習できます。定期的に実施される定例試験や、本試験直前の模擬試験も教室を使用できるため、スイッチが入った状態で取り組めます。

は全国に30箇所以上の教室があり、教室講座では講師に即質問できるメリットもあります。また、ビデオブース講座ではあなたに合った柔軟なスケジュールで学習ができます。

試験勉強を継続するには、習慣化する必要があります。

毎回「勉強するぞ」という意志に頼っていては、いつか挫折します。

その点、教室に行ったら勉強するしか選択肢がないため、楽に習慣化ができます。

あなたは自分の意志に自信がありますか?

自信がない場合は、勉強の習慣化ができる環境に変えてみてはいかがでしょうか?

とにかく時間が足りない

後輩くん

試験前はいつも仕事が忙しくなるんです。

応用情報に挑戦する方は、仕事でも重要なポジションについている方が多いです。

残業が終わって帰宅後に勉強するのは辛い。休日くらいゆっくり休みたいという方は、スキマ時間を使って時間を捻出しましょう。

ではスマホ視聴に最適化された学習コンテンツを提供しており、通勤中はビデオ講座、昼休みはWebテキスト、歩いているときは音声講座など、あらゆるスキマ時間を使えるように設計されています。

あらゆるスキマ時間を使って学習することにより、勉強期間中は常に応用情報の問題に触れることになります。

これが記憶の定着に有利に働き、午前問題を見るだけで解答が頭に浮かぶような現象も経験します。

スキマ時間をあなどってはいけません。

1日3時間(通勤2時間、昼休み30分、夕食中30分)のスキマ時間を積み上げれば、1ヶ月(20日)で60時間に達します。

これに休日の勉強を加えれば、きっと合格できる計画が立てられるでしょう。

通信講座を利用したいけど、コストを安く抑えたい

贅沢な教材はいらないので、できるだけコストを安く抑えたい方は、iTECプラクティスコースかスタディング合格コースがおすすめです。

後輩くん

過去の参考書持ってるしな。。

iTECプラクティスコースは公開模試付きで2万円代、公開模試なしの場合はなんと1万円代のコースです。参考書と一部のテストが付属していませんが、その他はスタンダードコースと同じです。前回惜しくも不合格になった方はiTECプラクティスコースで十分かもしれません。

はフルセットのオンライン講座では最安値です。合格すると5,000円分のギフト券ももらえます。また、頻繁にキャンペーンをしているため、最新の価格をチェックしてみてください。

スタディングは5,500円OFF10%~15%OFFのキャンペーンを頻繁に行っているため、定価より安く購入できる可能性が高いです。

通信講座4社の最低価格コースの比較
企業/コース名価格
iTEC プラクティスコース 公開模試なし18,700円
スタディング 合格コース43,800円
資格の大原 総合本コース47,800円
TAC 本科生 A/B(Web通信)87,000円

通信講座別の徹底解説記事

さらに詳細な情報を知りたい方は、別途通信講座別に徹底解説記事を書いていますので、こちらを参照ください。

スタディング

応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断」まとめ

応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断」まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では、試験勉強をするにあたっての悩み別におすすめの通信講座をご紹介しました。

  1. 参考書の解説を見ても十分に理解できない
  2. 独学が苦手で、勉強のしかたが分からない
  3. とにかく時間が足りない
  4. 通信講座を利用したいけど、コストを安く抑えたい

応用情報技術者試験の受験チャンスは・・・

1年に2回しかありません。

独学で挑み、「1点足りず不合格になった」とならないように、自分に合った通信講座を利用して手堅く合格を獲りに行った方が得策です。

応用情報はあなたのキャリアの通過点だと思います。確実に合格して次の目標に進みましょう。

この記事を書いた人
あび
  • ITエンジニア歴24年(現役)
  • マネージャー兼システムアーキテクト
  • 副業としてネットショップ運営
  • ITエンジニアのスキルアップネタを発信
  • 輝くエンジニアを増やしたい

Twitter:(@evolution_Avi

応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次