集中力を継続的に高めるコーヒーの飲み方(ドリップポッド)

コーヒーを飲めば眠気が覚め、集中力が上がるということはよく知られていますが、飲み方によっては効果が薄れたり、増大することをご存じでしょうか?

この記事ではコーヒーを効果的に飲んで、効果的に集中力が継続する方法を提案します。

スキルアップのために勉強に取り組んでいるが集中力が続かずなかなか進まない、いつも昼過ぎに集中力が切れ、気づいたら残業するはめに・・・といった悩みを持っている方に朗報です。

この記事はこんな人におすすめ!
  • 集中力を継続する方法が知りたい
  • 効果的なコーヒーの飲み方を知りたい
  • 1日中無駄なく全力投球したい
目次

集中力を高める方法を模索したらコーヒーに行きついた

通知音が聞こえてスマホを触り始めたり、他人の話し声が気になり仕事に集中できなかったり、私はとにかくこの「多感な?」気質を改善したいと思っていました。

2021年、自分のキャリアを前に進めるため、どうしても取りたい国家試験があり勉強を始めたのですが、今の集中力の無さでは絶対落ちると思い、集中力を高める方法を模索し始めました。

そこで目についたキーワードがコーヒーが良いカフェインが集中力を高めてくれるという情報でした。

私はコーヒーを水筒に入れて毎日持ち歩いているくらいコーヒー好きなのですが、コーヒーを飲んで集中力が高まったと感じたことはありませんでした。「自分には効果が無いのかな・・・」と思い始めていたのですが、研究を続けるうちに、「なるほど、飲み方が間違っていたのか」と気づきました。

それから飲み方の改善を続け、ある程度集中力をコントロールできるようになりました

集中力をコントロールできるようになったら、次はタスク管理を学んで思い通りに仕事ができるようになりましょう!

集中力を継続的に高めるコーヒーの飲み方

コーヒーは1日3杯までとする

コーヒーが集中力を高めるために効果的だからと言って、大量に飲むと悪影響が出ます。

コーヒーに含まれるカフェインを過剰摂取すると、常にカフェインを摂取していないといけない依存症になってしまう危険性があります。そしてカフェイン中毒になってしまうと不安感や焦燥感の増加、頭痛、短期記憶の低下などの症状が現れることもあります。

カフェインの感受性は個人差があるため、一般化はできないのですが、厚生労働省のQ&Aにあるように1日3杯程度を限度とするとよいでしょう。

1日あたりのカフェイン摂取量として、健康な成人で400 mg(コーヒーをマグカップで約3杯)まで、カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。 

引用:厚生労働省 食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A

ちなみに私は、1日2杯までと決めています。3杯目を飲みたくなったらカフェインレスコーヒーを飲むようにしています。

朝起きて90分はコーヒーを飲まない

「朝起きてまずコーヒー」という方もいるかと思うのですが、人間の体は朝6時頃からコルチゾールという覚醒系のホルモンが分泌され、少しづつ目が覚めるようにできています。朝起きてすぐコーヒーを飲むと、このコルチゾールと覚醒作用が合わさって刺激が強くなりすぎます。

コルチゾールは朝起きて90分くらいから減り始めるため、1杯目のコーヒーはそれ以降に飲むようにしましょう。

朝の目覚めが悪く頭をスッキリさせたい場合は、日光を浴びたり水を飲んだり、コーヒー以外のことで目を覚ますとよいです。

朝はコーヒーを飲まなくてもエネルギーが十分で集中力も発揮しやすいため、貴重な1杯目を朝一に使ってしまうのはもったいないという考えもありだと思います。

インスタントコーヒーよりドリップコーヒー

コーヒーは毎日飲むのだから、コスパを良くしようとインスタントコーヒーを飲んでいる方も多いかと思います。(以前の私がそうでした)

しかし、インスタントコーヒーよりドリップコーヒーの方がカフェイン含有量が多いため、集中力を高めたいという目的であればドリップコーヒーを選択した方が良いです。

出典:コーヒーのカフェイン量ランキング|スタバやコンビニ、缶コーヒーはどれくらい?

また、ドリップコーヒーは香りも楽しめるため、休憩時間にリラックスして気持ちを切り替える効果もあります。

コーヒー豆は鮮度が大事

コーヒー豆は焙煎した直後から香りが飛び始め、酸化や劣化が始まります。コーヒー豆の状態であれば約1ヶ月ほど保存がききますが、焙煎した後の粉の状態では直接空気に触れないように袋のまま密閉容器に入れ、冷蔵(または冷凍)保存するとよいでしょう。

それでもおいしく飲むためにはやはり開封後7~10日程度で飲むようにした方がよいです。

ちなみに、コーヒー粉が新鮮かどうか確かめる方法として、ドリップした際にぷく~と膨らむと新鮮な証拠です。

コーヒー豆は鮮度が大事

コーヒーと一緒にヨーグルトを食べる

コーヒーを飲むと約30分後くらいからカフェインの効果が出てきますが、90分~150分後には効果が切れてきます。そして効果が切れると、かえって体がだるくなったりします。

特にコーヒーと一緒にチョコレートなどの甘いお菓子を食べた場合、急激に血糖値が上がるため、反動で血糖値が急降下する際に眠気や倦怠感を感じます。

この現象を防ごうと思ったら、ミルクを入れたり、コーヒーと一緒にヨーグルトなどの乳製品を食べるとよいです。

乳製品に含まれる脂肪分がカフェインの吸収を穏やかにしてくれるため、効果が切れたときの反動を和らげてくれます。

1日1.2L(リットル)が目安、水をこまめに飲む

「1日2Lの水を飲みましょう」とは良く聞く言葉ですが、厚生労働省の「健康のため水を飲もう」推進委員会が出しているポスターでは、体重60kgの成人男性が1日に必要とする水の量は2.5Lであり、食事や体内で作られる分を除いて飲み水からは1.2L取ればよいとされています。

参考:厚生労働省「健康のため水を飲もう」推進運動

また、体内の水分が失われると集中力が低下することも分かっているため、水はこまめに飲んだ方がよさそうです。

先述したように、コーヒーは1日3杯までと決めている場合、コーヒーを飲むときが「大」集中力チャージ、水を飲むときが「小」集中力チャージというイメージです。

毎日コーヒーを飲むならドリップポッドがおすすめ

さて、ここまで「集中力を継続的に高めるコーヒーの飲み方」を説明してきましたが、この方法にベストなコーヒーを見つけてしまいました。

それはカプセル式ドリップコーヒーシステムのUCC上島珈琲のドリップポッドです。

ここからは、なぜ私がドリップポッドをおすすめするのかを説明します。

本格的なドリップコーヒーが飲める

いくら集中力を高めるためとは言え、毎日飲むからにはおいしいことが絶対条件です。

ドリップポッドは「湯温」、「抽出速度」、「蒸らし時間」などプロのハンドドリップの技を再現しているため、誰でもボタン1つで本格的なコーヒーが淹れられます。

ゆっくりと均一なスピードで適温のお湯を注くことで、豆の旨味をじっくり抽出し、カプセルをしっかり膨らませてコーヒー粉とお湯をなじませておいしさを引き出しています。

ドリップポッドは市販のコーヒー粉もドリップできるようにフィルターが付属されているのですが、市販のコーヒー粉の場合、蒸らしができてないことと、開封して時間が経っている場合は酸化しているためか、カプセルをドリップしたときと比べると味は雲泥の差でした。

新鮮な味わいが楽しめる

ドリップポッドのカプセルは1杯ずつカプセルに密封パックされているため、空気に触れることがなく鮮度を保っています。

そのため、コーヒーの香りも楽しめます。

いろいろな種類のコーヒーが楽しめる

ドリップポッドには11種類以上のコーヒーの種類があり、その日の気分によって選ぶ楽しみも味わえます。

※お茶やスペシャルティコーヒーもあります。

ドリップポッドカプセル

味の好みは個人差があると思いますが、集中力を高めるという視点で私のベスト3を紹介します。

1位:ブルーマウンテン ブレンド

ブルーマウンテンブレンド

ブルーマウンテンは通常のカプセルより倍以上の値段がする高価なものですが、味といい、香りといいやはり最高です。たくさん買えないため、「ここぞ」というときに飲んでいます。

2位:鑑定士の誇り リッチブレンド

リッチブレンド

インパクトはないですが、休憩のひと時に落ち着けるやさしい味わい。集中力がじわじわ充電されている感じがします。

3位:炭焼珈琲

炭焼珈琲

苦みとコクがあり、脳にガツンと刺激を与えてくれるため、眠たいとき、疲れたときに気持ちの切り替えスイッチとして飲むことが多いです。

番外編:カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒー

私はコーヒーは1日2杯までと決めていますし、良質な睡眠をとるために15時以降にカフェインはとらないようにしています。そのため、夕方以降や3杯目のコーヒーを飲みたくなった場合にカフェインレスコーヒーを飲んでいます。集中力に寄与はしないと思いますが、満足感は高いです。

コスパが良い

コーヒーを毎日飲む場合、固定費となるためコスパは意識しておきたいです。

ドリップポッドのコーヒーメーカーを購入すると、定期的にカプセルを購入する必要があります。

ドリップポッドのコーヒーカプセルは色々なバリエーションのセットがあるのですが、だいたい72杯で
5,000円くらいです。

しかし、1度購入すると必ずクーポンが同梱されていますし、UCCドリップポッドストア楽天市場店で購入する際、メルマガに入れば定期的にクーポンが送られてきます。

さらに1箱サービスで84杯のものや、高価なブルーマウンテンブレンドが入って価格は他と同様5,000円代のセットもあったり、いつも魅力的なセットを選ぶのが楽しめます。

1杯あたりの値段を計算すると、5,000 ÷ 72 = 69.4円 
クーポン割引を加味するとさらに安くなります。

コンビニでレギュラーコーヒーを買っても100円ほどするため、ドリップポッドのコスパは良いと言えます。

今なら、最新式のドリップポッドコーヒーマシンにカプセルが27杯付いてくる春時間満喫セットが販売されています。

集中力を継続的に高めるコーヒーの飲み方まとめ

いかがだったでしょうか?

現在私のコーヒールーティーンとしては、午前9時前後に1回目、午後2時前後に2回目を飲むようにしています。

特に集中力を発揮したい作業や会議がある場合は、それらの30分前に合わせて飲んだりもしています。

また、より効果を高めるために、こまめに水を飲んだり、食事や睡眠にも気を使っています。

これからもいろいろ試し、効果が高まる方法があれば共有していきたいと思います。

集中力をコントロールして、メリハリのある人生をおくりましょう!


この記事を書いた人
あび先輩
  • ITエンジニア歴23年(現役)
  • プロジェクトマネージャー兼システムアーキテクト
  • 副業としてネットショップ運営
  • タイムマネジメント、習慣化を研究
  • ITエンジニアがスキルアップするための情報を発信
  • 輝くエンジニアを増やしたい

Twitter:(@evolution_Avi

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる