応用情報技術者試験に受かる気がしない人向け次回の戦略6ステップ

応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断別チャート」
後輩くん

応用情報に5回挑戦しましたが、全部落ちました。もう受かる気がしません。

応用情報技術者試験は試験範囲も広く、難しいですよね。

ところで、試験に落ちた本当の原因は分かっていますか?

意外と「なんで落ちたのか」を、正しく分析できていない人が多いです。

この記事では応用情報技術者試験に落ちた原因の本質を突き、次回必ず合格するための戦略をお伝えします。

この記事を書いた人
あび
あび
  • ITエンジニア歴24年(現役)
  • マネージャー兼システムアーキテクト
  • 国家資格 FE・SW・SA・PM 保有
  • 孫請けSES ⇒ SIer ⇒ 起業を目指し中
  • 輝くエンジニアを増やしたい

twitter : (@evolution_Avi)

目次

実は間違えている応用情報技術者試験に落ちた原因分析

実は間違えている応用情報技術者試験に落ちた原因分析

突然ですが、質問です。

あなたが応用情報に落ちが原因は何ですか?

  • 午前の計算問題が解けなかった
  • 午後の選択問題でマネジメントを選択したが、全然分からなかった
  • 午後の時間が足りず、期間切れになった

上記のような原因を思いついた方は、危険です。

確かに印象に残っている原因でしょう。

しかし、これらは原因の1つに過ぎず、他にも複数の原因がある可能性が高いです。

後輩くん

原因がたくさんあり、やはり受かる気がしません。

このような場合、「なぜその原因の事象になったのか」を考えてみてください。

後輩くん

なぜ、午前の計算問題が解けなかったのか?

後輩くん

なぜ、午後の時間が足りなかったのか?

そうやって、原因を深堀っていくことで、次回取り組むべき方向性が見えてきます。

試験当日朝の気持ちで合否は決まっている

試験当日朝の気持ちで、合否は決まっている

試験当日の朝を思い出してみてください。

どのような感情でしたか?

  • 今回は勉強やりきった、受かるか分からないけど、勉強の成果を本番で出し切ろう
  • 勉強やりきれなかったな、自信ないけど受験料もったいないし受けに行こう

ほとんどの方は後者ではないでしょうか?

試験を申し込んだときは、毎日コツコツ勉強し、合格発表でガッツポーズしている自分をイメージしていたでしょう。

しかし、現実は仕事が忙しくなったり、家事・育児で疲れ果て、勉強する気にならなかったり、さまざまな障壁が現れ、満足に勉強ができなかったのではないでしょうか?

さまざまな障壁で勉強する時間がない

真の原因は「勉強時間が足りなかった」に集約される

真の原因は「勉強時間が足りなかった」に集約される

もし、あなたが試験前の1か月間、仕事が休みで集中できる勉強スペースも確保できたとしたら、合格できると思いませんか?

  • 午前の計算問題が解けなかった
  • 午後の選択問題でマネジメントを選択したが、全然分からなかった
  • 午後の時間が足りず、期間切れになった

これらの原因は、勉強時間を確保でき、その時間勉強をやりきれば解決できるのです。

そのため、個別の原因に注目して次回に挑むのではなく、「どうやったら、合格できる勉強時間を確保できるか」、「どうやったら、挫折せずやりきれるか」という課題に向き合った方がよいことになります。

合格できる勉強時間をやりきる次回の戦略6ステップ

合格できる勉強時間をやりきる次回の戦略6ステップ

それでは、合格できる勉強時間を確保し、やりきるための戦略6ステップを解説します。

  1. トータル勉強時間を決める
  2. 定期的に模擬試験を受ける
  3. 勉強に捧げる日を決める
  4. 計画はリスケを前提
  5. 他の受験者と一緒に進む
  6. 通信講座を利用する

トータル勉強時間を決める

果たしてあなたは何時間勉強したら合格できるのか、その答えは「分かりません」。

出題範囲の広い応用情報技術者試験では200時間~500時間の勉強時間が必要だと言われていますが、当然、実務経験や過去の受験歴によって個人差がでます。

そこで、まず受験日までの日数で捻出できる勉強時間を洗い出します。

時間を洗い出す際は以下に注意してください。

  1. 1日5時間など、無理な計画にしない
  2. スキマ時間を有効活用する

1日5時間など、無理な計画にしない

1日の勉強時間が多ければ多いほど、途中で挫折する確率が高まります。
「やりきれる自信がある」と言える時間を設定してください。

スキマ時間を有効活用する

「スキマ時間なんて、あてにならないよ」と思うかもしれませんが、通勤電車の中、昼休み、音声学習にすれば、家事をしながら、歩きながらでも学習できます。

スキマ時間を使うことで、必ず毎日試験の情報に触れるため、記憶にも定着しやすいです。

スキマ時間を活用するかどうかで、合否の明暗を分けるといっても過言ではありません。

定期的に模擬試験を受ける

前のステップで決めたトータル勉強時間はあくまで目安です。

本試験で合格できるかを見極めるためには、定期的に模擬試験を受けて点数を確認していく必要があります。

模擬試験はTAC社などの企業が実施しているものではなく、過去問を印刷して自己採点するレベルで問題ありません。

ただし、本番同様に規定時間内で解くようにしてください。

模擬試験を実施した結果、最低でも午前問題と午後問題で1回以上合格点(60点以上)を取れないと、本番で合格点を取ることは難しいでしょう。

何回やっても合格点が取れるレベルになることが理想です。

模擬試験(過去問を解いて自己採点する)は一定の時間が必要なため、着手のハードルが高いです。(特に午後問題)そのため、あらかじめ模擬試験を実施する日を決めて、図書館やカフェなど、自宅以外の場所で実施することをおすすめします。

勉強に捧げる日を決める

平日はなかなか予定どおりに勉強ができないものです。休日よりもストレスも多くかかるため、モチベーションも上がりません。

そのため、確実に勉強をする時間を決めてしまいましょう。

  • 毎週日曜日の13時~16時は勉強する
  • 月2日有給休暇を取り、その日は1日勉強する

勉強に捧げる日を決めたら、その日は勉強を最優先とします。

そして、家族や友人にも勉強に捧げる日のことを伝えておきましょう。

言った手前、やらざるを得なくなる効果もありますので。

計画はリスケ前提

資格の受験を決めたとき、やる気はMAXのため綿密な勉強スケジュールを立てる方がいますが、これは挫折しやすいです。

仕事が忙しくなったり、病気になったり、想定外のことは常に起きます。

そのため、想定外のことが起きる前提で、最初はざっくり計画を立て、毎週直近1~2週間のスケジュールを見直すくらいがちょうどよいです。

ざっくりスケジュール
直近スケジュール

他の受験者と一緒に進む

自分の意志だけでは、勉強を続ける自信がないという方は、他の受験者を見つけてください。

毎週勉強の進捗を報告し合うだけでも効果がありますが、できれば毎週決まった日時に勉強会をしましょう。

物理的に集まる必要はなく、オンラインでつなぎ(カメラはON、音声はOFF)それぞれ勉強するだけでよいです。

習慣化できれば勝ちで、毎回「勉強するぞ」という意思がなくても勉強できるようになります。

通信講座を利用する

前述の戦略をやったとしても、自信がない方、独学に限界を感じている方は通信講座を検討してください。

ここでは、人気の通信講座スタディングを例にします。

スタディングでは学習フローが組まれているため、自分で計画を立てなくても効率よく学習を進められます。

スタディングを利用している他の受講生がつぶやいたコメントを見たり、交流することでモチベーションも維持できます。

このように、挫折しにくい環境に身を置くと、より合格に近づけるでしょう。

スタディングの通信講座については詳細に解説した記事がありますので、合わせてご覧ください。

応用情報技術者試験に受かる気がしない人向け次回の戦略6ステップまとめ

応用情報技術者試験に受かる気がしない人向け次回の戦略6ステップまとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では、応用情報技術者試験に落ちた根本原因は「勉強時間が足りなかった」に集約されると断定し、「どうやったら、合格できる勉強時間を確保できるか」、「どうやったら、挫折せずやりきれるか」という課題に対し、6つのステップで次回の戦略を解説しました。

試験に落ちたときは進化するチャンスです。

前回と同じ取り組みをしていては、確実に同じ結果になるでしょう。

適切な勉強時間をやりきれば、次回は必ず合格できます。

途中で挫折しない工夫を凝らしながら、次は合格をつかみ取ってください。

この記事で解説した、合格できる勉強時間をやりきる勉強方法を、おすすめの参考書を含めて詳細に解説した記事がありますので、次回も独学でがんばりたいという方は、ぜひご覧ください。

この記事を書いた人
あび
  • ITエンジニア歴24年(現役)
  • マネージャー兼システムアーキテクト
  • 副業としてネットショップ運営
  • ITエンジニアのスキルアップネタを発信
  • 輝くエンジニアを増やしたい

Twitter:(@evolution_Avi

応用情報技術者の通信講座おすすめ4選「悩み別診断別チャート」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次